行政書士変更登録申請について

記念すべきブログ一発目のネタなのに行政書士会批判っぽくなってしまいますが、
そのような意図はありません。
私のような右も左もわからないド新人が毎年出てくるはずなので、
この失敗した経験が何かしら役にたつかもしれないのです!
行政書士会の方が目にしたら、参考事例としてどうかご容赦を

 

さて、私は今年の5月に豊田市で行政書士登録をして8月に春日井市に引っ越ししてきて開業となったので

行政書士変更登録申請書

という書類を行政書士会に提出しなければなりませんでした。
行政書士会に登録してある住所が変わるので変更してもらわないといけないわけです。

 

8月1日に引っ越してきてその3日後には全ての書類を集めて書士会に提出しました。
登録が変更するまでどれぐらいかかったと思いますか?

 

『まあ、どんなに遅くても2週間ぐらいだろうなぁ…』

 

と私は考え、念には念をいれてさらに余裕をもって9月1日開業予定でいろいろと準備を進めておりました。
結論をいいますと変更が完了したのは10月3日です。なんとなんと、2か月もかかってしまいました。

 

 

予測していた2週間がたち、おかしいなと思いつつも、まあ近日中に完了通知が来るだろうと
甘く考えているうちにあっという間に1か月がたち開業予定日を迎えてしまいました。

 

さすがになにも連絡がないのを怪しんで行政書士会に問い合わせの電話をしました。
『わからないので確認して折り返します』とのお返事です、変更登録完了日の目安もわからないとのこと。

 

 

 

嫌な予感がしました。

 

 

 

それから3日おきぐらいに問い合わせの電話をし、3回目ぐらいの問い合わせの電話(9月の中旬ぐらい)でやっと詳細が分かりました。書類の記載不備と提出書類が住民票ではなく戸籍の附票が必要とのこと。

注.書士会の登録住所からの変更が証明できればよいので普通は住民票で大丈夫ですが、私のケースは多治見市→(豊田市)→春日井市の証明が必要でした。戸籍の附票に記載してある多治見市の住所の証明が必要となったのです。

すぐに戸籍の附票を取り、記載不備の修正をしてやっと10月の頭に登録完了の通知が届きました。

 

提出書類に不備があった私が悪いのです。
しかし、不備の連絡がもらえずに時間だけが過ぎ、
数か月後、場合によっては半年〜1年後に登録が遅れるというケースであっても
提出書類に不備を出した側が悪いのでしょうか?

 

問い合わせの電話をしなかったら10月中旬の現在でも変更登録は完了してないでしょうね。
というか申請に不備があるという連絡すらいまだにもらえていないんじゃないかなと思います。

 

新人の方で行政書士会に申請をした後におかしいなと思ったら、
ためらわずにすぐに行政書士会に問い合わせの電話をした方がいいですよというお話です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加